ソフトコミッションが金融業界で利用される理由

ソフトコミッションとは別名ソフトダラーとも呼ばれ、サービスと手数料が対応関係にないものをいいます。たとえば資産運用ビジネス上で取引する場合、証券会社が運用会社に対してブローカレッジフィーと呼ばれる、有価証券の売買執行代金を支払うのです。

また、それに加えて、アナリストレポートや取引に関する助言、電子情報端末などの付加的なサービスを提供するなど、それぞれの費用を売買委託手数料の中に含める取引慣行をいうこともあるようです。 一般的に、この費用は取引発注量に比例してさまざまなサービスが提供されます。

そのため運用会社にとってのメリットは、取引上一定水準の発注量を、特定の証券会社に向けるため、インセンティブになるだけでなく、質の高いレポートなどの付加サービスを利用できるものです。しかし、この費用は、最終的には顧客が負担することになるので、運用会社と顧客との間で利益相反が発生する可能性があります。

また、使用状況や目的などが分かりにくいといった不透明性などの問題がでてくるようです。現在、日本ではこの費用については明確な規制はないため、影響力の大きい公的年金などではリサーチサービス以外は原則禁止となっています。

米国では違法ではないものの、運用会社とファンド投資家の利益相反が起こる可能性や、顧客が負担する手数料と運用会社のサービスとの対価に対して、不明瞭な点が指摘されているため規制が進んでいるようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ