第二地方銀行の役割、特徴とメリットについて

第二地方銀行とは、一般社団法人第二地方銀行協会の会員の事で、一般的には、第一地方銀行よりもさらに狭いエリアで営業しており、サービス内容としては同等です。そのため、地方に密着した金融機関で、中小企業への投資などの金融商品を取り扱う地元企業を支えてきた組織と言えます。

その成り立ちから経営基盤、規模が小さいので、バブル崩壊後に経営破綻が相次いで発生した過去もあり、これにより、規模の大きな地方銀行に合併、吸収されたことで、第二地方銀行は縮小していきました。

市中銀行の中でも、経営基盤や規模が小さいことから、利便性の低さも露呈しています。たとえば、地元にはATMや支店があることから、利用しやすい環境が作られてはいますが、隣接している市や、旅行などで遠出をした行先に、対応可能なATMや支店が設置されていない場合があり、現金が引き出せないデメリットがあるのです。

また、カードセキュリティ面でも、最近では当たり前になってきているICチップやバイオセンサーによる第三者の利用防止も、導入が遅れている銀行も見られます。

メリットとしては手数料の低さであり、メガバンクなどと比較しても振込手数料が低いことから、地元企業の給与の振り込みや、アパートやマンションの振込口座として利用される場合があります。

また、地域密着型の金融機関になることから、地元で収益性の高い企業への融資を行いやすく、元々、地元企業を支えてきた組織だからこそ、融資や利便性などを優遇している特徴があると言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ