短期プライムレートの役割と住宅ローンの金利への影響

プライムレートとは、最優遇貸出金利のことで、銀行などの金融機関が認める信用度の高い企業に対して融資を行う際に、通常よりも低い金利で融資を行うことです。プライムレートには短期プライムレート、長期プライムレートがあり、短期の場合には1年未満、長期の場合には1年以上融資されます。

短期プライムレートは1年未満での融資を前提に定められた金利であることから、金融機関の目安とされています。したがって、大手銀行が定めた金利で投資を行った際には、地方銀行もそれを目安に設定が行われ、銀行のローンサービスなどにも影響を与えることになります。

消費者が利用する長期的な銀行の融資サービスとして住宅ローンがありますが、金利は短期プライムレートが大きく影響します。そのため、住宅ローンサービスには2種類の金利プラン、固定型と変動型を設定しています。

固定型は3年、5年、10年のいずれかを選択し、指定した期間の金利の見直しを行わずに決められた利息で返済を行うものであり、利息が上昇した場合には得をし、下落した場合には損することになります。

変動型にはプライムレートの影響が直接響くので、利息が上昇した場合には上昇しますし、下落した場合には下落します。このようなことから毎月の返済額にも利息幅の差が生じるため、固定型と比較しても安定しない支払い方法といえるでしょう。この先の変動によっては損得の差が激しい選択となるので、判断が難しいところです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ