短プラの設定による融資金利の決められ方とは

短プラとは、短期プライムレートの略称で、銀行などの金融機関が信用することが可能であり、業務成績がよく、財務状態が好調な優良企業に対して、1年以内の短期間に融資を行う際の最優遇貸出金利の事です。

つまり、信用できる最高の状態で安い金利の基準となっており、この基準を元に信用度や業務成績により、融資の際に金利を設定することになります。一つの基準としては、都市銀行が大企業に対して融資を行う際の金利をベースにしており、地方でも地元の有力地方銀行が最優良企業と認めた企業に貸し付けする金利を基準としています。

これにより、融資を求める企業は、最優良企業以上の信用や業務成績を上げないと、短期プライムレートに近い利息で融資を行ってもらう事が出来ず、融資条件なども最優良企業をベースにしていると言えます。

また、1年以上の長期的な融資を行うことが出来る長期プライムレートを決める際にも、短期プライムレートを基準としており、長期的に投資を行うので、短期よりも投資リスクを負うことになってしまいます。その為、長期プライムレートは短期プライムレートよりも利息が低く設定されることがありません。

長期的に投資を行う場合には、投資中に倒産してしまえば、投資額を回収することが出来なくなってしまう危険性があるので、共倒れを防ぐために利息を上げることで、元金に近い金額を早期に回収する役割があるからです。短期投資の場合には、倒産する危険性が低いので、利息を低く設定します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ