限定されたエリアでのみ展開する地方銀行とは

都道府県内に本店を構え、その限定された地域で営業を行う銀行の事を地方銀行と呼び、大きく2種類に分けられます。第一地方銀行、第二地方銀行に部類され、一般的に地方銀行とは前者を指します。

大きな違いとしては、第一地銀と第二地銀は営業基盤となる地域の広さであり、第一地銀の場合には都道府県内で大きな影響力がある金融機関になりますが、第二地銀の場合には、更に限定された地域にのみ展開を行う金融機関になります。

地方銀行は、一般社団法人全国地方銀行協会の会員であり、第二地銀は別の組織が取りまとめているので、大きく概要自体が異なります。業務内容に関しては同等ですが、営業基盤、規模の大きさが大きく異なることから、サービス内容や展開エリアの広さなどの違いは多く見受けられます。

バブル景気の際には、隣接している都道府県に進出したり、海外での展開なども行われましたが、バブル景気が崩壊後は、地元での経営資源を集中させる為に撤退などが行われました。現在では、地域に特化した金融機関として、第二地銀同様に地元の中小企業への融資などが行われており、利用者拡大の為に利便性の向上などが行われています。

その為、他地方、他県に出かけた際には、コンビニATMなど複数の金融機関が利用するATMへの対応やインターネットバンキングへの対応、全国の地銀ネットワークサービスを共同事業として行っているので、限定されたエリアでしか使えないデメリット面を克服しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ