売買システムの注文処理スループットが生み出す時間の差

注文処理スループットとは、株の売買や外国為替、投資などを行う際に、売買システムの単位時間内に処理できる注文件数の事です。
スループットは、本来コンピューターとネットワークのパフォーマンスを示す言葉で、単位時間でどれだけの計算を行うのかを表します。

コンピューターの処理能力からネットワーク情報量の転送量を測定することで、人間が与える指示をどの位の速度で処理し、終了出来るのかを評価するのです。

株や外国為替、投資など現在では家のパソコンを使って取引を行う人もおり、コンピューターや通信環境の違いなどから、注文を行ったとしても即時に処理が行われる場合と、時間差が生まれる場合があります。

証券会社などの金融機関のシステムの能力などもあることから、注文から処理までの時間に差が生じてしまい、これを注文処理レイテンシと呼ぶのですが、株や外国為替などの注文を行った場合には、時間の差が生んだ変動もリスクとして受け入れる必要があるのです。混線している場合にはアクセスしにくい状態も生まれ、レイテンシも大きくなります。

このような事例がある事から、注文を行って取引が成立するまでの時間の差も、視野に入れて取引を行わないといけなく、家庭用のパソコンや携帯電話で取引を行う場合にも、通信環境やパソコン、携帯電話の能力なども視野に入れて取引を行う必要があります。

その為、即座に反応がする場合としない場合があり、思い通りの操作ができない可能性もあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ