経営危機の企業を救うデット・エクイティ・スワップ

デット・エクイティ・スワップとは、DESと略される財務改善手法の1つで、債務と株を交換するものです。日本では負債の株式化と呼ばれており、企業が経営不振や過剰債務に陥った場合に、金融機関は、債務超過状態や有利子負債を解消させる目的で、対象となる企業の株式を習得する代わりに出資を行います。

金融機関側としては、経営不振に陥った企業の株式を購入する事になるので、経営状況によっては出資に使った金額を回収することが難しくなりますが、再建に成功した場合には、株式からの配当を受けたり、株式を売買することで、出資に使った金額以上の利益をもたらす場合もあります。

その為、通常のように、将来に期待をして株式を購入するケースとは異なることから、経営安定がない企業が倒産した場合には、債権放棄と同じ意味合いになります。
企業側としては、金融機関が株式を習得することで、借金の返済が免除されるメリットがあります。

これは、金融機関が返済できる見込みがないことを判断して、デット・エクイティ・スワップを行い、金融機関が会社の株主になるので、経営状態を把握する立場に回ることを意味するのです。

手続き方法としては2種類あり、企業側もそれに応じた受け取り方があるのですが、現物出資方式は、金融機関が債権を金銭に変えて現物で出資を行い、それに応じた株を入手することが出来ます。新株払込方式の場合には、企業側が必要に応じて金融機関が出資を行う方式で、増資に応じて対応を行います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ