中小企業の立て直しに採用されやすいデット・デット・スワップ

デット・デット・スワップとは、債権者が既存の債権を別の条件の債権に変更する事です。主に中小企業の債務改善手法の1つで、経営状態を立て直すために金融機関が行います。債権の条件を変更を行う事は、他の債権よりも劣後する劣後ローンに変更を行う事が一般的であり、中小企業が返済を行う順位を下げることで負担を軽減するものです。

その為、実質的に返済期限を後回しにすることで、金融機関としても借入金の変化なく融資を行う企業の経営状態を戻すことが可能になりますし、経営状態の回復が行われれば、元本回収が可能になるでしょう。

ただし、劣後ローンを受ける企業側としては、返済順位が下げられることで返済を後回しにすることが可能ですが、金利が高めに設定されます。同様の企業経営の立て直しにデット・エクイティ・スワップと言う手法も使われますが、こちらの場合には債権の代わりに株式の習得を行うので、企業側からしてみれば都合がいいものになります。

また、金融機関側からしてみれば、企業が破産すれば債権の放棄と同じ効果がありますし、立て直せば、株式に価値が生まれるので、今まで出資した金額以上の利益を生む可能性もあります。

デット・デット・スワップの場合には金融機関のリスクが低く、企業が倒産に追い込まれた場合でも、高めに設定した金利である程度の回収見込みが可能なので、経営状態の安定さがない中小企業の場合には、デット・エクイティ・スワップよりも採用されやすい財務改善手法になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ