電子記録債権を使う事のメリットと利便性とは

電子記録債権とは、手形や売掛債権を電子データで管理することで、企業間の金銭の受け渡しをインターネットやファックスで行う事が出来る債権の事です。これにより、作成、交付、保管をコンピューターで行う事で、維持費や人件費などのコストを削減するメリットがあります。また、インターネットで取引を行う事から、運送費のコストも発生しません。

これは近年のインターネット社会に対する対応であり、2008年に電子記録債権法によってメガバンクであるみずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行が取り入れたことで、大手企業との取引の際に利用され始めました。

現在では、メガバンク以外にも地方銀行、信用金庫、信用組合などの地方の金融機関でも導入が行われたことで、中小企業でも利用され始めています。

仲介するシステムは、銀行独自の決済サービスの他に全国銀行協会が設立する「でんさいネットサービス」を利用することで取引を行うことが出来ますが、注意点としては取引相手も同じシステムを利用していることが前提となるので、銀行独自のシステムを使う場合には、相手方との取引が行えません。このような新しいサービスだからこその問題も抱えています。

しかし、印紙税が発生しないことや、取引がインターネットやファックスを使う事で素早く行えることが電子記録債権の特徴であり、銀行での現金化にも時間がかからないので、大手企業から中小企業で利用され始めている理由になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ