インターネット取引で権利を証明する電子手形の役割

電子手形とは、インターネット上で債権の取引を行った際に、一定の資格や権利を証明する書面としての効果を持ちます。2008年に施行された電子記録債権法により、インターネットやファックスによる金融機関との取引が可能になったことから、その資格、権利を証明する書類として使われています。

電子記録債権法は、従来の手形などを現代のインターネット社会の為にデータ化された有価証券を取引する法律であり、コンピューター上で債権者、債務者の名前から支払額、支払期日などの情報を、電子債権記録機関によって管理されており、取引を行う際にインターネットを通じて行う事が出来ます。

これにより、従来の債権との扱い方が異なり、作成、交付、保管をコンピューター上で行う事からコスト削減に繋がり、また、実物が存在しないため、取引の際に印紙税が発生しないメリットもあります。さらに、インターネットを用いた高速な取引手段は、運搬コストが発生しないことから、中小企業などに利用されています。

システムとしては、金融庁に認められた電子債権記録機関が行っており、取引先相手と同じシステムを使う事で成り立つサービスなので、別の電子債権システムを使ってしまうと取引が行えません。

現在では、全国銀行協会の「でんさいネットサービス」を中心に利用が行われており、地方銀行や信用金庫、信用組合も参加していることから、幅広い取引先のニーズに応えたシステムとして利便性が高く、電子手形は利用しやすいものになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ