インターネット上で有効になる電手の意味とは

電手とは電子手形の略称で、インターネット上で債権の取引を行った際に債権に対する資格、権利を証明する為に用いられます。2008年に登場した電子記録債権法で、インターネットを使った金融機関との取引が可能となったために、インターネット上で有効な手形として登場しました。

電子記録債権とは、従来の売掛債権や手形をインターネット上にデータ化することで、有効な債権として認められています。その為、実際には物理的に存在しておらず、コンピューター上の債権者、債務者の氏名、支払額、支払期日などのデータが管理されていることから、印紙税が発生せずに取引を行う事が可能です。

電子債権記録機関と呼ばれる金融庁に認められた金融機関のみが扱うことができ、現在では4社が取り扱っていますが、全国銀行協会の「でんさいネットサービス」を中心に、地方銀行、信用金庫、信用組合が参加していることから、大手企業から地方の中小企業までが扱える状態になっています。

メガバンク3社もシステム展開を行っていますが、取引の際には相手方と同じシステムを利用していないと取引が行えない為、利用者が多いでんさいネットサービスに集中している現状があります。

このような仕組みから、作成、交付、保管に対するコストも削減可能であり、コンピューター上で管理、運営を行う事から、取引には運搬費も発生せずにインターネットを用いることで、瞬時に送ることが可能になりました。利便性の高さから電手と同様に広がりを見せています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ