ローン商品の店頭基準金利の意味と違いについて

店頭基準金利とは、店頭表示金利や店頭金利と呼ばれるもので、銀行、信用金庫、信用組合、労働組合、JAバンクなどの金融機関が、消費者に向けてローン商品を提供する際に独自に設定した利息の事です。金融機関によって設定が異なることから、若干の金利の差も生まれています。

金融機関が市場から調達した資金の金利、実際の利益、貸し倒れになる確率、貸出金に対する営業費用の割合などを考慮して、設定が行われます。その為、都市銀行や地方銀行の場合には安定した設定が行われ、新興金融企業やネットバンクなどは、利用者拡大を目的に、店頭基準金利を低く設定している機関も多くみられます。

ネットバンクの場合には、インターネット上でのみ店舗が存在し、実店舗で営業を行う銀行と比較しても、営業費用のコストや人件費の削減などで、低金利を維持できる環境が整っていることから、最近注目されているローン商品となります。

また、消費者金融の存在もあるため、消費者の銀行のローンサービスに対する認識なども大きく異なっており、銀行の場合には審査が通りにくい一面もある一方、フリーローンやカードローンを選ぶ場合には審査が通りやすく、即日融資が可能な消費者金融を選ぶ選択肢もあります。

消費者金融の場合には利息が高い反面、審査が通りやすく、店頭基準金利も変動幅はありますが、明確に記載していることから、利息が高く付く場合でも利用者が多い特徴が見られるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ