投資銀行の役割と外国資本の進出の関係とは

投資銀行は、通常の銀行と異なる役割があります。主に有価証券の売買、M&Aの仲介などで生じる利益を元に業務を行っており、野村證券、SMBC日興証券などの証券会社や、みずほコーポレート銀行、新生銀行などが該当します。

私たちが日ごろの生活で利用している銀行は市中銀行と呼ばれ、利用者が預けに来た預金を元に、企業への融資や個人へのローンサービスを行う事で生じる金利を得ることで成り立っていますが、投資銀行はその真逆であり、証券会社の場合には個人投資家などからの投資金額を使う事で生じる手数料を利益としており、投資機関からの注文などもあることから、投資を行う資金の出所が大きく異なる金融機関となります。

広義の解釈としては証券会社も該当しますが、アメリカでは投資会社とは別々に分ける考え方であり、個人投資家を相手にする会社として証券会社、投資ファンドなどの機関投資家を相手にする金融機関として投資銀行と分けられています。日本の場合では、総称していることから分けられてはいません。

アメリカでの導入が早かったことから、日本市場にゴールドマン・サックスやメリルリンチ、モルガン・スタンレーなども投資を行っており、外国資本で動いている会社も少なくありません。

同様に、日本の証券会社等も海外への進出を行っていることから、世界的な金融グループへの発展を可能としています。しかし、日本の投資機関はこれからなので、アメリカやEUの投資機関と比較するとまだ小規模なものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ