インベストメントバンキングと呼ばれる投資銀行業務内容

私たちが普段利用している銀行とは、業務内容が異なる金融機関があります。それは投資銀行で、主に証券会社や機関投資家向けの金融機関として、投資をメインとした役割を果たしています。

この役割を持つ業務は、通常インベストメントバンキングと呼ばれており、証券の引き受けや財務アドバイスなどを、事業法人や機関投資家など大きな金銭の流れを持つ顧客相手に行います。その為、企業同士の合併、買収劇に対するアドバイスなども行われ、企業価値が上がるタイミングを見極めて投資を行う事で、利益を生み出すこともあります。

高い収益性を求めることから、企業の合併・買収以外にも、これから成長が望まれる市場への投資や、日本企業による海外市場への参入時に生じる利益に対するアドバイスなどが業務内容です。

その他、大口の投資家の為に株式や債券の引受、マーケットメーキング業務、リスク管理業務、外国為替業務などを投資家の代わりに行う事で、手数料を利益として成り立っています。このような業務から、投資銀行には野村證券や大和証券、SMBC日興証券など証券会社が多く、また外国の証券会社などの参入も行われています。

ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー等、アメリカの巨大投資銀行の参入が日本市場では目立つ存在であり、その対抗する動きとして、みずほコーポレート銀行などが動き始めており、市中銀行とは切り離された金融資本としての投資銀行が、国内で誕生を始めています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ