都銀の存在意義と地方銀行との大きな違いとは

都銀とは都市銀行の略称です。消費者が利用する市中銀行と呼ばれる金融機関の中でも規模が大きく、東京や大阪などの大都市に拠点となる本店を構え、他の都道府県に支店を置くことで日本全国で展開を行っていることから、メガバンクと呼ばれています。

地方銀行との大きな違いとしては、資金力と展開規模であり、地方銀行は、各都道府県と限定されたエリアで地元企業への融資、地元利用者の預金を中心に地元に特化した金融機関となるので、都市銀行と比較しても預金やローンサービスなどの商品は同等のものを受けることが出来ますが、インフラの整備やセキュリティへの向上などが見劣りしている部分があります。

このような事情から、都市銀行は規模が大きく、インフラの設備やセキュリティ対策の向上などが行われており、利用者の利便性に特化したサービスも受けることが出来ます。

この為、利用者側のメリットとしては利便性であり、日本全国で展開を行っていることから、支店やATMが各都道府県に存在するので、旅行や出張で遠出を行った際に金銭の引き出しや入金なども行う事が出来ます。

セキュリティ面としても、積極的にICチップの導入や指紋や指の静脈によるバイオテクノロジーを利用した本人確証技術が使われており、悪意のある第三者からの不正利用を防いでいます。インターネットバンキングなどにも対応していることから、インターネット上での不正操作に対するセキュリティの高さも見受けられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ