消費者金融やクレジットカードの利用で送られてくる督促の効果

督促とは、債務者が借金の返済の際、返済期日を過ぎてしまった場合に債権者が返済の催促を行う事です。税金関係でも、納税期限が過ぎてしまった税金に関して行われます。
消費者金融のキャッシングローンサービス、クレジットカード会社などは、返済日を過ぎても返済が行われない債権に関して、債務者に支払い督促を行います。

これは裁判所を通して返済を求めるものであり、債務者が無視をしてしまうと、債権者は強制執行を法の下で行う事が可能になるので、裁判所の許可が下りた場合には、債務者が所有している不動産などの財産を押さえて回収を行うことが出来ます。

その為、債務者は債権者への返済を滞らせてはいけないものであり、もし督促状が送られた際には、無視をせずに手続きを行う必要があります。税金関係でも同等のシステムとなり、強制執行の下で不動産などの財産が没収されてしまう可能性があるのです。

もし、異議がある場合には、送達後2週間以内に異議を申し立てなくてはなりません。意義を申し立てなかった場合には、仮執行宣言が行われ、強制執行手続きに入ることが出来るので、ほぼ確定した判決と同等の効力となります。その為、意義がある場合には、効力が発揮する前に申し立てることで、事の流れを防ぐ必要があるでしょう。

借金以外でも、金銭を受け取るケースにも利用できるものであり、給料の受け取りの際に会社がなかなか支払ってくれない場合や、オークション等で支払いがない場合にも、裁判所を通して法律の下で受け取ることが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ