都市銀行のメリットとデメリット、および地方での関係

都市銀行とは、東京や大阪に本店を構え、他の都道府県に支店を展開する、日本全国規模でサービスを提供している銀行の事です。主に、みずほ銀行や三菱UFJ銀行などが該当し、規模が大きいのでメガバンクと呼ばれています。

規模の大きさから第一地方銀行、第二地方銀行などが展開する地域にも展開をしており、同様の融資サービスを地元の企業に行い、ローン商品などで消費者にもサービスを行っています。

消費者のメリットとしては、全国規模で展開を行っているところであり、支店やATMが他の都道府県にもあることから、旅行や出張の際には、金銭の入金・取り出しを可能としており、システムの充実から第一地銀、第二地銀よりも早い段階で、レベルの高いセキュリティを取り入れたりもしています。

その為、指紋認証システムや指の静脈センサーによる本人確認、キャッシュカードにはICチップを内蔵していることから、消費者の資産を守る体制が整っています。

デメリットとしては、手数料の高さであり、全国規模で同様のサービスを展開していることから、コストが多く発生するため、消費者が行う銀行操作などの手数料を、第一地銀、第二地銀よりもやや高めに設定することで、コスト回収を行う狙いなどもあります。

第一地銀、第二地銀と比較しても、メリット、デメリットなどは存在し、地方に行くと、給与の振り込みなど都市銀行の口座に対応していない場合などもあるので、都心部に住んでいる人にはなじみ深いものですが、地方に住んでいる人になるとあまり利用しないものになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ