日銀当座預金の役割と金融市場のバランス調整

日銀当座預金とは、日本の中央銀行である日本銀行が、取引先の金融機関から受け入れている当座預金の事です。市中銀行や証券会社などが預金を行っており、他の金融機関や日本銀行、国との取引を行う際に利用する決算手段としても、利用されています。

また、準備預金制度と呼ばれる法律から、市中銀行などは消費者が預金した金額の一定の割合を、無利子で日本銀行に預け入れなければならないので、この場合にも利用します。

準備預金制度とは、日本銀行が日本の金融バランスを調整する役割から、市中銀行が融資に行う資金のバランスを調整することで、銀行経営の健全性を維持し、貸付準備率を他の金融機関と同等にすることで、バランスを取ります。

日銀当座預金を利用する日銀預け金には、2種類の回収方法があり、バランス調整の為に臨時性があるのかないのかで判断が行われます。

同時積み方式の場合には、金融機関の預金残高を計算する時間と、預ける当座預金の積み立てを5日以内に済ませることで、経済対策への即効性が高まりますが、正確な計算が行えないことから、ミスなどが発覚する場合があり、また金利が急激に下がってしまう関連も持ち合わせています。

時差積み方式では、約半月の間に預金残高の計算と積み立てを行うので、時間はかかることから即効性は望めませんが、正確で計画的に行えるため、普段の金融対策としてはこちらの手段が利用されています。これにより、金融市場をコントロールすることで、バランス調整を行います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ