インターネットユーザーにおなじみのネット銀行の特徴

インターネット上に存在する銀行としてネット銀行がありますが、特徴としては、通常の銀行と比較しても、人件費や設備投資を行っていないことから、手数料が安く預金金利が高い特徴があります。主に、楽天銀行やジャパンネット銀行などが該当し、インターネット上での金銭のやり取りに手数料が発生しないことから、オークションなどで利用されています。

必要最低限の環境でサービスを行っていることから、ATMの存在がなく、預金通帳も存在していません。その代わりに、インターネットでの操作がメインとなり、送られてくるキャッシュカードは、コンビニATMなどの提携している金融機関のATMを利用します。

金融商品サービスなども店舗にも寄りますが、通常の銀行同等のローンサービスや為替サービス、保険サービスなどもあり、インターネット上で申し込むことになります。これらのサービスを利用する際にも、手数料が安めであり、金利なども低めに設定されていることから、普通銀行よりもメリットが高くつく場合があります。

しかし、金融機関との入口が実際にある窓口を通さないので、インターネットもしくは電話での対応だけになるデメリット面もあり、支店が存在していないことから、利用者が困った問題などがあれば、直接店舗に向かって話すことが出来ません。

このようなハードルの高さも特徴の1つであり、インターネット操作が得意ではない人には不向きと言え、万人受けではないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ