利用者の負担が軽いノンリコース融資のデメリットの大きさ

ノンリコース融資とは資金調達方法の一つであり、担保として指定する物件を限定するやり方です。これは、対象物件以外には、債務履行請求を行う事が出来ませんでした。

通常の資金調達の際には、リコース融資と呼ばれる方法で、担保を処分しても債務が残る場合には、その後の返済義務がありますが、それに対してノンリコース融資は、担保を処分するだけで債務が残っていた場合にも清算が行われることから、担保以上の返済を行わなくても済むわけです。

金融機関側からしてみれば、債務履行請求を行えないことからリスクが大きく、一般の融資よりも金利が高めに設定されています。また、融資を受ける際には、企業であれば金融機関に事業の収益性などを説明し、リスクが低いビジネスプランを提示する必要があります。

個人の場合には不動産の融資に利用されていますが、日本の場合にはあまり浸透しておらず、金融機関を納得させる説明が必要になり、その為、個人向けの場合にはリコース融資が適しています。

日本で個人向けにサービスを行う場合には、問題点もいくつか存在しており、物件を手放すことで債務も解決する事から、気軽にローンを組みやすくなる性質があります。

これにより、モラルハザードの問題が浮上し、予期せぬ事故を招く可能性があるからです。債務への責任感が薄れることから、金融機関側としても、トラブルやリスクを出来るだけ避けたいので、審査基準なども慎重に行う事になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ