ノンリコースローンの対象物とその返済方法

ノンリコースローンとは、対象方法となる不動産の将来価値を基準にして審査を行う返済方法です。そして、その原資となる不動産というように範囲が限定された返済方法が利用できます。日本ではノンリコとも呼ばれています。一般的な日本の住宅ローンの借入では、リコースローンが利用されています。

例えば、住宅ローンを組む場合、債務者が融資の支払いができなくなった場合には、担保である住宅を売却する方法で返済します。また、それでも借金が残った場合には、債務者は残りの債務の支払い義務が当然出てきます。 一方、アメリカの住宅ローンでは、ノンリコースローンが主流です。

例えば担保となっている住宅のみが責任財産となるため、仮に担保を売却しても債務が残った場合には、債務者はその責任を負う必要がありません。

たとえば、ノンリコの返済方法をとる場合、債務者にとっては、担保以上の責任を負わなくて済むメリットがありますが、債権者である銀行が逆にリスクを抱えることになります。そこで、通常このローンを利用する場合には、リスク対策として上乗せ金利のプレミアムを付けるだけではなく、融資や物件に対する審査を厳しくしています。

また、この返済方法は、不動産分野で利用がされることが多いようです。しかし、これ以外に利用される場合は、比較的安定したキャッシュフローが期待できる不動産に対しても、利用されることがあります。

近年、不動産投資が活発ですが、返済でこれを利用すると、融資対象の物件にのみに限定されるため、その他の資産にまで返済を求められることがありません。そこでリスクが及ぶことはないようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ