買収ファンの資金源と具体的な施策と企業へのインパクト

買収ファンドとは、企業そのものや、企業の事業の一部門を買収して、経営権を握ることで経営改革やリストラを行うことをいいます。こうしてその企業の価値を高めた後には、株式公開や他社へ転売することで利益を稼ぐためのファンドを言います。

これらのファンドの資金源となるのは、投資家から集めた資金の他に、大型案件のために金融機関から自己資金の数倍の資金の借り入れなどです。現在、日本で活動するファンドの多くは、米国や欧州を中心とした海外投資会社になります。

世界的大規模なものには KKR、ブラックストーン、カーライル、ベインキャピタル、CVC キャピタル・パートナーズなどがあります。日本国内では、ユニゾン・キャピタル、アドバンテッジパートナーズなどがあります。

また、具体的な事例としては、東京スター銀行を買収した米系のローンスターや、ブルドックソースの買収でもめたスティール&パートナーズなど多数あります。実際には、中国やオイルマネーなどを中心に、機関投資家等から資金を集めて運営しているようです。

ベンチャーキャピタルが小さな新興企業の新ビジネスモデルに投資しますが、ファンドは、既に成熟してブランディング力があるが経営力が息詰まっているような企業を買収ターゲットにしています。これは買収対象となる製品や技術、市場シェアなど、何らかの魅力がある一方で、マーケットでは企業価値が低く評価されているような企業も対象になりやすい傾向があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ