パススルー証券の具体的な組成内容とその事例

パススルー証券とは、不動産を担保とした不動産担保証券の一種で、オリジネーターに支払われた返済金を、証券購入者に支払うタイプのものを呼びます。これは担保や、金利、償還期限などが似ている複数の債権をプールして証券化したものになります。その代表的なものとしては、モーゲージがあります。

アメリカでは、RMBSと呼ばれる、住宅ローンを証券化するビジネスが非常に盛んでした。そのため、この金融商品を、多くの投資家が購入していました。そこで住宅購入者と銀行の間に、住宅ローン証券組成者と投資家が加わりました。

また、これはアメリカの政府系住宅金融機関である連邦住宅抵当金庫であるファニーメイと、連邦住宅貸付抵当公社であるフレディマックに保証されていたため、信用力も高く、流通量も多くありました。そこで、借り手が毎月支払う元利金等が、モーゲージ貸付金融機関を通して、その所有者に支払われる仕組みになっていたのです。

金融機関は、そのモーゲージローンをかき集めて、その債権プールを形成して信託化して、その共有持分権となる受益証券を発行していました。こうすることで、モーゲージローンの実質所有者は投資家となり、その元利金のキャッシュフローが債権者から投資家に流れるしくみだったようです。

しかし、サブプライムローン問題が発覚した後には、住宅ローン債権プールのパフォーマンスの悪化により、格付け会社により格下げがなされて、莫大な損失を抱かえることになりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ