債権回収を行うファクタリングサービスの特徴

ファクタリングとは他人が所有している売掛債権を買い取り、その債権を回収する金融サービスの事です。その為、多種多様なものが存在しています。
普段の私生活で目にするものとしては収納代行サービスで、これはコンビニエンスストアなどでサービス料金や商品代金を支払うものになります。

通信販売での商品代金から、学習塾や通信教育での授業料、携帯電話の利用料金などが該当し、セディナやSMBCファイナンスサービスが、売掛債権を所有する企業の代行業者として収納業務を行います。

その他の種類としては、保証ファクタリング、国際ファクタリングがあり、こちらは売掛債権の与信判断を行ったうえで買い取って、債権を回収する仕組みになります。

債務者が支払い不能になった場合には回収会社が債権会社に代金を保証してくれるサービスとなるので、債権者の貸し倒れ損失を回避することが可能であり、新たに融資先を拡大した場合にも保証されることから、負担軽減につながっています。

また、一括回収の手段もあり、こちらは売掛債権を回収会社が買い取ることになり、債権者、債務者の双方の契約によって成り立ちます。

その為、債権者は回収会社に債権の取り立てを行ってもらう事で、回収した債務の一部は手数料として引かれるデメリットがあり、回収を行う手間を省くことが可能になります。その一方として、劣悪債務者などで返済が行われなかった場合には保証が行われないので、貸し倒れのリスクも発生します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ