ファンドを扱う専門家であるファンドアナリストとは

投資信託で専門的な知識や能力を駆使してファンドの分析、評価を行う人は、ファンドアナリストと呼ばれています。投資信託の評価会社、投資信託の運用会社、証券会社などの金融機関に属しており、ファンドを解析して、その情報を元にコンサルティング業務を行っています。

アナリスト業務としては、専門分野である株式市場、債券市場、商品市場、景気動向などを分析を行い、レポート、コンサルティングペーパーなどを作成する事があげられます。これにより、個人投資家や投資機関などは投資に関する情報として利用します。

コンサルティング業務としては、販売に関するコンサルテーション、ソリューションの提供で、証券会社等でクライアントを持つ場合には説明やアドバイスを行う立場であり、事前に得た専門的知識を使う事で、顧客への助言指導を行い、それと同時に販売会社の商品の選定や市場をモニタリングすることも重要な業務であり、所属している投資機関やクライアント向けに分析を行います。

ファンドアナリストは主に大きく2種類に分かれ、セルサイド・アナリスト、バイサイド・アナリストに分けられます。

セルサイド・アナリストは証券会社等の金融機関に所属しており、一般的なアナリストを指す場合があります。組織に所属していることから、個人投資家や大口顧客である投資機関を顧客にして対応を行います。バイサイド・アナリストは資産運用会社等の投資を行う企業の為に行動しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ