投資のプロであるファンドマネージャーについて

ファンドマネージャーとは投資のプロの事で、その多くは金融機関に勤務しているサラリーマンとして働いています。投資信託会社や信託銀行、投資顧問会社、保険会社で働いており、専門的知識を用いて投資市場を分析を行う事で、個人投資家や投資機関などにアドバイスを与えたり、資産の運用を行う事が仕事内容になります。

サラリーマンの場合には給料制なので、運用成績によってはボーナスの上下がありますが、独立してビジネスを行うと、運用成績が良い場合には成功報酬として高額報酬を得られる一方、失敗した場合のリスクもあることから、多くのファンドマネージャーは独立せずにサラリーマンとして勤務している現状です。

金融機関がファンドマネージャーを獲得するためには、高額給与でヘッドハンティングすることもあり、実績と信用性、知名度が重要となる職種です。優秀なマネージャーほど、年俸制で機関投資家が確保する例もあります。

市場分析としては詳しく分析を行うために、投資対象の企業工場を見学したり、経営者にインタービューを行い、判断を行うマネージャーもいれば、データをコンピューター上でまとめて各種の分析を行うマネージャーと、それぞれの調査方法で分析を行います。

その為、単にマネージャーと言えど、分析方法が異なることから、判断基準などにも違いが生まれ、信用、信頼の差が大きく変化します。その為、金融機関、投資機関などはマネージャーの特徴を把握する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ