私たちの生活で利用する普通銀行の役割と投資

普通銀行とは、都市銀行や地方銀行など利用者が預金を預けるために利用する銀行の事です。預けられた預金は投資資金として、企業への融資や個人向けのローンサービスとして利用されます。

他の銀行の種類としては、紙幣・通貨を発行し、日本の金融コントロールを行う日本銀行、有価証券の売買やM&Aの仲介で利益を生み出す証券会社等の投資銀行などがあり、利用者が預金を預けることを業務として行っていないので、普通銀行と異なる性質をもっています。その為、区別をする必要があります。

普通銀行の業務内容としては、銀行業がメインであり、利用者からの預金、定期積金、相互掛け金の受け入れをはじめ、企業や利用者向けの資金の貸し付け、手形の割引、為替取引がありますが、私たちの生活の中で目にする業務としては有名な物であり、気軽に利用することが出来ます。

他にも、有価証券の売買や債務の保証、手形の引き受け、国債の取り扱いなども行っています。投資やローンなどの審査能力としては消費者金融よりも高く、サブプライムローンによる金融危機以降ハードルが高くなりました。

また、中小企業などの融資を行う際には、審査を迅速に、統計学を使ったスコアリングを行う事で、書類提出のみの審査を行っていたため、書類偽造などの事件が発生し、銀行の目利き能力の低下が指摘されるようになりました。これにより、スコアリングによる審査は取りやめられており、融資の迅速化が進んでいない現状があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ