金融機関が貸し出すプライムレートの変動と金利

プライムレートは最優遇貸出金利と呼ばれている金利で、銀行などの金融機関が企業に融資を行う際に優良企業であれば優良企業であるほど低金利で融資が行われます。

この最優遇貸出金利には短期プライムレート、長期プライムレートの2種類があり、短プラ、長プラと略されて呼ばれています。融資期間によって使い分けられ、1年未満の融資であれば短プラ、1年以上の融資であれば長プラになります。

短プラの場合には特殊な金利となり、短期的な融資であることから、基準の目安と言われており、長プラは長期的に融資を行うので、その間に倒産の恐れがあることから、短プラよりも多めに設定が行われるので、短プラの変動に左右されやすいものになります。

また、都市銀行や地方銀行が消費者向けに行う住宅ローンサービスも影響を受けやすく、返済日ごとに金利が変動することがあります。

住宅ローンサービスには変動型と固定型があり、変動型であれば返済日ごとに金利が変動し、固定型の場合には事前に3年間、5年間、10年間とあらかじめ固定する期間を設定することで、設定された時期の金利の状態で設定した期間内の金利になります。

その為、利息が向上した場合には固定されているので大目に支払うことはないですが、利息が下がってしまった場合には高い状態で固定をしているので、損することになります。
このような短プラの影響は企業以外にも個人への影響もあるので、変動をチェックする必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ