つなぎ融資として利用されるブリッジファイナンスについて

ブリッジファイナンスとは、企業が目的の為に資金を使用する際、資金調達に時間がかかる場合に投資銀行や商業銀行などから短期投資を行ってもらい、債券や新株、シンジケートローンなどで資金調達完了後に返済を行う、入金までの短期融資の事です。

その為、通常金利と比べ高めの金利設定が行われており、入金までに資金が必要な場合に使われることから、つなぎ融資と呼ばれています。
主に、企業が入金までに必要な資金としてはM&Aであり、企業を買収する資金として利用する場合があります。

このことから、投資銀行や商業銀行では、専門家が登場する場面もあり、投資運用や買収に向けてのノウハウなどもサービスとして提供されています。

このように大きな金銭が動くことから、ファイナンス業者側では複数の金融機関を控えており、幅広い調達手段を実現しています。大企業同士のM&Aなどでは即座に大金を動かせる状態を保つことから、ニュースになりやすいM&Aに関わることも少なくありません。

個人向けとしては住宅ローンなどのサービスでも提供されており、住宅を購入した場合に融資実行が行われるまでに発生する土地購入代金、建物建築着工金、建物建築中間金などを、銀行がサポートしてくれる仕組みも作られています。

利用者の多くは法人であり、個人向けのサービスとしては住宅ローンなどの大きな金額が動く場合のみなので、メインとしては企業の入金までのつなぎ融資になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ