入金までの短期融資であるブリッジローンの役割

企業が入金までに融資を必要とする場合に、金融機関から融資を受けるサービスの事をブリッジローンといいます。企業メインで利用されている金融サービスの一つで、資金調達を行っている最中に急に資金が必要になる場合に利用されるもので、債券、新株の発行やシンジケートローンで資金調達が完了した場合には、返済を行う事になります。

その資金調達の間に利用されることから、つなぎ融資と呼ばれています。
企業が急に資金調達が必要なケースとしては、会社の合併・買収等のM&Aであり、企業が緊急に大金を必要とすることから、投資銀行や商業銀行が短期投資を行います。

また、M&Aに関するアドバイザーによる相談などもサービスの一環として行われており、投資銀行、商業銀行の投資で利益を生むチャンスとも言えるでしょう。

個人事業者向けとしても、不動産事業者であれば戸建用土地、大型ビルなどの物件購入、オフィスであれば機材などの導入などで入金が後々になる場合に利用されており、提供しているローン会社等で内容は異なりますが、資金調達法としては個人事業者から中小企業までも利用することが出来ます。

個人向けのブリッジローンサービスとしては住宅ローンであり、個人が大金を使うタイミングでもあるので、住宅を購入した際に土地購入代金、建物建築着工金、建物建築中間金等の入金が、銀行のローンが実施される前に発生する場合があります。そのつなぎとして、住宅ローンサービスの一環でサポートを行う銀行も存在しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ