債権の中のペイスルー証券の位置づけと投資家のメリット

ペイスルー証券とは、複数の債権をまとめたモーゲージを証券化したもので、投資家のニーズに合わせて投資期間を実現できるメリットがあります。ここでの債権の保有権は、債券発行者に残ります。そのため、ペイスルー債券と呼ばれることもあります。

これはMBSと呼ばれるアメリカのモーゲージバック証券の一種で、仕組みとしてはパススルー証券とモーゲージ担保付債券との中間的な位置づけになります。たとえば、この場合には期限前償還分が含まれているため、そのまま元利金支払として利用すると、期限前償還のない債券と比較して管理が難しいというデメリットがあります。

この難しさを改善するために開発されたのがこの証券と言われています。
また、この一種にCMOと呼ばれる抵当付モーゲージ証書があります。これは満期と表面金利の異なる数種類の債券を分割発行されたものです。

具体的には原債権のモーゲージが期限前に弁済されても、もう一方の満期の短い債券がそれをカバーすることができるので、期間のミスマッチを防げるメリットがあります。これを利用することで、発行企業は投資家の多様なニーズに対応できるだけではなく、資金調達コストを低減できるメリットがあります。

また、原債券から出たCFを投資家へすぐにキャッシュフローとして配分するわけではなく、ある程度変換してから投資家へ支払う証券になります。こうすることで、期限前償還リスクが投資家に転嫁されるデメリットを軽減することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ