ホールセール業務の対象企業と具体的な業務内容

ホールセール業務とは銀行や証券会社、保険会社などの金融機関が行う業務のことで、主に大企業や官公庁などの大口顧客対象にしています。これは卸売り銀行業務と言われることもあります。

たとえば銀行におけるこの業務は、生命保険会社や年金基金などの機関投資家や政府、大企業を相手に大口預金、貸し付け業務、為替取引等の業務を行います。

さらに、これだけでなく証券引き受け業務やM&A仲介、証券化、デリバティブ、自己売買等を含んだ投資銀行業務を行う銀行もあります。ただし顧客の数は限られているため、独自の提案を行い、顧客ニーズにあった商品を提供しなければなりません。

それでも競争は激しく競合他社とパイの奪い合いになりやすく、利益が削られることもあるため消耗戦になることも多々あります。特にサブプライムローン以降の金融機関では、このビジネスよりもリテールを強化する戦略がとられました。

一方金融機関では、その対照業務として個人や中小企業などの小口顧客を対象としたリテール業務があります。小売り銀行業務と言われることもあります。リテール業務は、一回の取引の額も収益も少ないものの、たくさんの顧客を確保すれば高い収益性を上げることが可能になります。

業務としては小口預金から貸し出し、為替取引などがあります。従来、広範な支店網を必要とする地域性に依存する業務ですが、インターネットやIT技術の発達により、ネット・バンキングやコンビニ銀行が出現したことで、今後の成長性が期待できる分野になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ