マンデートが行われる場合の具定例と金融機関の役割

マンデートとは、企業の上場する際や株式発行やシンジケートローンの組成といった資金調達が行われる際に、証券会社や銀行などの金融機関がその企業より業務委任を受けることをいいます。

投資銀行業務では、アレンジャーが受託してクロージングまで行う作業に対する仲介依頼書を指します。リーマンショック以前は世界的に投資銀行ビジネスが活性化しており、日本国内のM&AやIPOの多くは収益性がそれほど高くないため、日本のメガバンクや大手証券が行っていました。

そのため、メガバンクでは投資銀行や企業金融ビジネスに先駆けて、組織編成のためにコンサルティング会社や不動産業界からも積極的に人材の採用を行いました。
マーケットは、2000年以降、デリバティブ等の先端金融商品から資産運用ビジネス、不良債権転売、証券化、再生と買収ビジネスへと変遷していました。

そのため投資銀行ビジネスは通常のローンの提供や、M&Aや引受けのマンデートを獲得するだけではなく、顧客の資本政策やデットに照準を合わせた提案を行う必要がありました。そのため、外資系証券をはじめメガバンクの投資銀行部では、仲介依頼者を作成するために公認会計士や弁護士との折衝などが日々行われていました。

しかしリーマンショックから世界金融危機以降は、大きなM&Aを行うことができなかったため、外資系投資銀行間のトップティアも入れ替わり、組織が縮小するところも多数ありました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ