民間金融機関が運営される目的と具体的な業務内容

日本の金融機関は日銀、民間、公的の3つに分かれます。その中でも民間金融機関とは、民間資本により運営される民間のための金融機関をいいます。資金の供給から仲介だけではなく、金融取引に関する業務を営みます。

具体的には預金を取り扱うものとして都銀、地銀第二地銀、ゆうちょ銀、信託銀行、中小企業金融専門としての信金、信組、労金、商金、農林漁業金融機関などがあります。一方、預金を取り扱わないものとして、生命保険会社や損害保険会社、ノンバンク、証券会社、短資会社などもここでは含まれます。

また、この中のいずれかに債権債務に関する問題が起こり、破綻するリスクがあると、国内経済に連鎖を起こす可能性が大きくなります。

そこで国の銀行として日本銀行が存在しています。これは日本の金融システムを安定化する目的で業務を行っているため、民間銀行と連携して経済の安定性を維持できるように銀行間の決済システムなども管理しています。

また、特定の銀行が破綻する恐れがある場合には、その影響が日本の経済及びそのシステムに波及しないようにコントロールを行います。たとえば、その銀行が破綻する可能性がある場合には日銀は特別に実施として無担保融資を行います。

また、調査、助言、改善指導などを直接実施する日銀考査があります。これは金融庁検査とは異なり、法律上の強制力はありません。ここでは、経営の健全性を維持して政策が及ぼす影響を測る目的で行われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ