モーゲージバック証券が発行される担保と利用度

モーゲージバック証券とはMBSとも呼ばれて、住宅ローンといった不動産担保融資である債権を担保として発行されるものをいいます。これは、投資として利用する場合には高い流動性や信用力、高い利回りなどが魅力となって利用されていました。

この中には住宅ローンを担保としてMBSと呼ばれる住宅ローン債権担保証券、ショッピングセンターや会社のビルなどの、商業用不動産ローンを担保としてCMBSと呼ばれる、商業用不動産ローン担保証券があります。なお、この証券は、期限前償還というリスクがありますが、同じ格付けの債券と比較する高い回りであったため人気がありました。

これは、住宅ローンを担保として発行される場合、その貸し手である銀行がオリジネーターとして、住宅ローンの貸出債権を企業に売却します。そして、その企業がそれを元に証券を発行します。そして発行された証券は、元利金支払いが保証される、あるいは格付け会社による信用力を高めた上で、投資家に販売されるという仕組みになっています。

アメリカでは、モーゲージバック証券は、政府系機関で連邦政府抵当金庫のジニーメイ、連邦住宅抵当公庫ファイニーメイ、連邦住宅金融抵当金庫フレディマックにより発行されていました。

そのため政府系機関が関係していることもあり、米国債と同様に、高い信用力があり購入されていました。しかし、2007年のサブプライムショックと、世界金融危機により、アメリカのMBS市場が崩壊したことで世界中の投資家が莫大な損害を被りました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ