モノラインが行う保険業務と保険会社との違い

モノラインとは、金融保証保険業務を専門に行うアメリカの保険会社のことを言います。これは生命、自動車、火災、傷害に関する様々な保険を手掛けるマルチラインとは異なり、金融債務を保証するビジネスだけになっています。

一般的には、単一種類の保険を扱う保険会社は全てそう呼ばれていますが、ニューヨーク州保険業法69条に基づいて設立された金融保証専門の民間保険会社を指す場合もあります。

このビジネスは、もともと1970年代にアメリカで最初の会社が発足しました。ここでは州政府など地方自治体が発行する地方債の保証からビジネスを始めて、現在も中核的要素をしてビジネスが行われています。

しかし、その後は企業の社債や住宅ローン債権といった不良資産を裏付けにした証券化商品にも広げて事業を拡大しました。ちなみに、MBIA、AMBAC、FGIC、FSAが4大モノラインと言われており、業界では非常に高いシェアを占めています。

一般的にこの機関は、自治体や金融機関、事業会社が地方債や社債、住宅ローン債権をまとめた証券化商品を発行する際の契約に対して保証料を支払います。これは、証券化商品の発行会社のための保障になります。

そのため、たとえ債券を発行する企業の格付けが低くても、格付けの高いこういう企業が保証をすれば、低い金利の好条件で債券を発行できるメリットがあります。しかし、サブプライム問題発覚後には債務の不履行が急増したため、その肩代わりをしていたこのビジネスは信用力が低下して市場全体に信用不安を引き起こすことになりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ