金融機関が融資を行う融資対象者とその内容

融資とは、金融機関が法人や個人などを顧客として、利息を得る目的で金銭消費貸借契約を結んでお金を貸すことを言います。ただし、そうではない目的で融資を行っている組織や機関、団体も存在しています。これは、もともと証書貸付け、手形貸付け、当座貸越しなどと同義の意味で使用されることもあります。

しかし、広義では手形割引なども含まれています。さらに貸付けの場合には、貸付人として金融機関から見ると貸したお金は金銭債権となりますが、会計上は資産という勘定科目に入ります。そもそも金銭のやりとりは、その貸し手と借り手により成立しますが、 借り手からは借金することになります。

そのため金銭債権として借入金となり、会計上は負債という勘定科目に入ります。
銀行業務の場合は、日銀から借りたお金と、一般の人からの預金等を資金として企業や個人に貸し出します。

また、大企業への大口金銭を貸し出す流れとしては、一定の内部基準を設定しておき、その企業の財政状態、経営の状況、業務内容、信用情報、担保価値などの条件を満たしているか確認します。その後、社内で内部審査を行い、審査を通過したものに対して金融機関としての資金を貸し出します。

一方、中小企業の場合は、返済能力が低いと判断される場合は融資を行いません。また、過去には問題がない企業に対しても、貸し渋りや貸しはがしを行うなどが大きな社会問題になりました。そのため、雨に濡れている者には傘を貸さない、というような判断になっていることが多いと言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ