与信管理とはどのような行為か、なぜ重要なのか

与信管理とは、与信の供与を行った後に、貸し出しや立て替えを行った資金、保証をした債務が完済されるまで継続して管理することをいいます。クレジット会社がキャッシング枠やショッピング枠を供与することや、金融機関が企業や個人に対して貸し出しを行うことのように、相手方に対して信用を供与することをいいます。

これを行う際には、信用を供与する相手方の返済能力や返済資質、提供を受ける担保の価値などの判断(与信判断といいます)を行った上で与信の可否を決定することとなります。

ただ、このような判断は、与信を行うときだけに実施すればよいというものではありません。その後の相手方の状況の管理も重要となります。
行った場合には、クレジット会社や銀行としては、当然のことながら貸し出しや立て替えを行った資金を回収しなければなりません。

クレジット会社の場合は、担保を取って貸し出しや立て替えを行っているわけではないので、多少のリスクは織り込み済みですが、それでもできるだけ多くの資金を回収しなければならないことに変わりはありません。

そのために、与信を行った後に、行った相手方の信用状況、例えば、相手方の支払いが滞っていないか、相手方に債務整理手続を行うような動きがないかというような状況をチェックし、回収が困難となる事態が発生した、あるいはしそうなのであれば適切な措置を講ずる必要があります。与信管理とは、このような後の対応策であるということができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ