与信ダンピングの意義と従前・現在の効果について

与信ダンピングとは、クレジット会社や金融機関が競合他社との競争に勝つ目的で、与信を行う際の判断基準を大幅に緩くすることによって、より多くの与信を行うことをいいます。

より多く行うことができれば、クレジット会社や金融機関にとっては、それだけ収益を上げることができそうですが、必ずしもそうとばかりはいえません。与信ダンピングは、与信の審査の基準を緩くする、あるいは審査すべき事項の審査を省略することになりますので、与信を供与した相手方の信用に不安がある貸し付け、立て替えが増えることとなります。

そうなると、貸し付けを受けた、あるいは立て替えをしてもらった相手方の返済が滞る危険性が増大します。

これは、クレジット会社や金融機関が多くの不良債権を抱えることを意味し、短期的には収益が増大するかもしれませんが、中長期的にはかえって経営の悪化を招くこととなります。したがって、結局のところ、与信ダンピングを行ったとしても、その経営上の効果は薄いということができます。

バブル経済の頃には、貸し付けや立て替えを行う資金にも余裕があったことから、多少の不良債権を抱えたとしても、トータルで収益を増大することができればとよいという考え方もできました。

しかし、不況が続いていると資金に余裕があるわけではなく、相手方となる顧客も財布のひもが固くなったことから、このようなダンピングを行う余地もバブルよりは小さなものとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ