与信枠のクレジットカードにおける位置付けは?

与信枠とは、クレジットカードにおいて、そのカードの利用者が利用することができるショッピング・キャッシングの額の枠(限度額)のことです。

発行を求める場合には、クレジット会社において発行の可否についての審査を行いますが、その審査でカードの発行が可能であると判断された場合でも、利用者の職業、資力などによって、カードを利用することができる額には違いが出ることとなります。

クレジットカードは、返済が滞らないのであれば、利用してもらえればもらえるほどクレジット会社の収益が上がりますので、返済が滞るリスクが少ない高額所得者、収入が安定している公務員などは高額となります。この多寡がわかりやすいのが、クレジットカードの「色」でしょう。

一般のカードよりもゴールドの方が高額となっています。他にプラチナ、ブラックが続きますが高額になるにつれ、審査はかなり厳しくなってきます。

ショッピング機能とともに、キャッシング機能を備えているものが多いですが、その場合には、ショッピング・キャッシングのそれぞれについて利用限度額が設定されており、その両者の利用限度額の合計額がその与信枠となります。

また、この与信枠は、ショッピング・キャッシングの利用額、利用回数が多く、返済を1日も遅れることなく行っているような場合には、増枠される場合があります。この増枠は、自動で実施される場合と、会社の審査を経た上で実施される場合とがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ