リテール業務の意義とホールセール業務との相違

リテール業務とは、金融機関の業務のうち、個人や中小企業などの顧客を取引の対象とした小口のことをいいます。これに対して、大規模な企業・法人、国や自治体を取引の対象とした大口のことを「ホールセール業務」といいます。

ちなみに、リテール(retail)とは「小売り」という意味で、ホールセール(wholesale)とは「卸売り」という意味になります。
具体的には、銀行でいうと個人や中小企業の預金獲得、住宅ローン、カードローン、個人向けの投資信託、中小企業向けのビジネスローンなどがあります。

また、証券会社においても、個人投資家向けの商品の開発・販売などが挙げられますし、保険会社においても同様のことがいえます。

リテールとホールセールとでは、取引の対象の規模が異なりますので、大規模な団体を取引の対象とするホールセールの方が金融機関にとっては1つの取引先で大きな収益を上げることができ、効率的な業務であるということができます。したがって、従来は、金融機関は、どちらかというとホールセール業務に力を注いできました。

しかし、長引く不況の影響により、大規模な企業においても生産や投資ばかりではなく、内部留保の増大を図るようになってきており、ホールセールは金融機関にとって従前のように利益を上げることができる業務ではなくなってきています。それに代わって、現在では、金融機関もリテールに力を入れるようになってきています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ