劣後ローン利用のメリットは何がありますか

中小企業などの経営者は、会社運営していく上では 運転資金が必要になりますが、自己資金だけで運営できない場合が多く、その場合には銀行をはじめ、ろうきん、クレジットなどからお金を借りることになります。銀行からの借り入れをするローンの一つに劣後ローンがあります。

これは、銀行では個人の貸出としては組めませんが、企業を対象にした特別ローンとして組むことをします。

また、他の負債よりも金利を高く貸し出し出されますが、その融資先企業が多重債務などで破綻した場合には、債務や、社債よりも返済が後回しとなるため、全額返済されない確率が高いローンになります。

その種類には、永久劣後ローンと短期劣後ローンなどがあります。その特性としては、ハイリスクハイリターンの株式投資に似ているため、近年では金融庁指示のもと、多くの企業が返済する必要が低いという理由で、自己資本利率を強化するために利用しています。

そもそも銀行がリスクを背負っても融資する背景には、資金は債務者である会社に入金されても、実際の債権者は銀行であることが多く、また金利を高く設定して貸し出せるため、自己資金のような感覚で扱えるメリットがあります。

さらに、倒産しても、普通の債権への支払いが終わった後に資産が残っていれば、分配してもらえることもあるからです。
規定の自己資本比率の基準をクリアするために資金調達に利用する場合や、生保と共に持合いをしていることもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ