ABAコードはアメリカ国内銀行が個別に保有する9桁の金融機関番号

ABAコードは、米国銀行協会が定められたアメリカ国内銀行が個別に保有する9桁の金融機関番号をいいます。ただし、この番号は、アメリカ向けの外国送金を行う時だけ、支払先を特定するために利用されています。

また、銀行検索番号という意味もあり、別名「ABARouting Number」とも呼ばれ、米国連邦準備制度の資金決済システムでも使用されているので「FW」等と表記されることもあります。

このコードは、基本的に連続した9ケタの数字から成り立ちますが、送金する場合にはこのコードがわからなくても銀行名やその住所、受取人口座番号がわかれば可能になります。しかし、実際にこれらの情報を入力する手間と、その後の特定には時間がかかるため、確実に送金するためにこれがあると便利です。

また、この番号を調べる場合には、銀行国際送金窓口で詳しい情報をたずねるのが早いですが、自分で行う場合にはネット上の『ABA Number Lookup』から銀行名を確認し、外国送金依頼画面の受取人の金融機関支店名の入力欄に、支店名の後に続けて「ABA.コードNo.」を入力する必要があります。

一般的な国際送金では、BICコードが利用されていますが、アメリカ国内の銀行間やアメリカに送金する時にはこれが必要になります。

また、これらのコードは、各国別の金融機関を特定するために有効なコード等となります。これらを使用する目的は、受取人口座情報を正確に早く伝達するだけではなく、金融機関間、支店間でのスムーズな処理を行うために利用されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ