BICコードとは国際標準化機構によって承認された金融機関を識別するためのもの

BICコードは、別名「SWIFTコード」や「SWIFTアドレス」とも呼ばれており、送金が必要な銀行や信託銀行、証券会社で使用されています。これらは、SWIFTと呼ばれる国際銀行間金融通信協会が提供している国際送金システム上で、取引相手を特定するために用いられる金融機関識別コードのことを呼びます。

一般的に、このコードは、国際標準化機構によって承認された金融機関を識別するためのもので、世界各地の資金送金を行う場合には、相手方金融機関を特定するための手段として日常的に使用されています。

これがなく国際送金するには、相手側の銀行名や支店名、所在地などの詳細な情報を正確に調べてシステム上に入力する必要があります。世界中に支店がある大手金融機関の場合には、支店を特定するだけでかなりの時間がかかってしまい業務に支障がでることもあります。

しかし、相手側のBICコードがわかっていれば、受取人保有口座に数字やアルファベットを入力するだけで、より確実に、よりスピーディに送金処理を行うことができるため非常に有益な情報となります。

また、国際送金するために海外銀行のコードを調べたい場合には、SWIFTのウェブサイトに入り、「BIC search」で調べることができます。

この表示は、通常8桁から11桁のアルファベットと数字で構成されています。たとえば、アメリカにある銀行へ送金する場合には、これと同様の役割をするものとして米国内の銀行が個別に保有するABAコードが必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ