CDOとはどんな商品のことを言うのでしょうか

CDOとは債務担保証券のことで、一般的にはローンや債券などで構成される金銭債権を担保として発行される証券化商品の1つとして資産担保証券の中に組み入れられます。

また、この中には、証券化商品の担保として組み込むものがローンのみで構成されたものをCLO、債券または債券類似物などで構成されたものをCBLOと呼んでいます。CDOの担保となる資産の種類には、ローン、社債、ソブリン債、ABS、REIT、クレジット・デリバティブなどが組成できる対象となっています。

証券化にあたっては、その資産の中でも低リスクなものからハイリスクのものまであり、自由に組み合わせてリスク度を調整しながら証券化商品として組成します。

具体的にこれを組成するには、まずオリジネーターと呼ばれる資産所有者(一般的には企業)が保有するローンや公社債などの資産を、SPVと呼ばれる特別目的事業体に譲渡した後、これらの資産を裏付けにした社債売出しや信託受益権譲渡をすることで、投資家から資金調達を行うことができます。

もともとCDO担保の証券化商品には、組み込まれる資産の不透明さや流動性の低さに問題があってかなりリスクの高い商品でしたが、S&Pなどの格付け会社によって、リスク度を格付けされていたため投資家や金融機関などがこぞって購入していました。

しかしその後米国発のサブプライムローンやリーマン危機により、これらの問題が大きくなり多額の負債を負う投資家や金融機関がでてきて社会的な問題となりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ