Custodianはどのような役割を担っているでしょうか

Custodianとは、投資家に代わって株式や債券などの有価証券の保管や管理を取り扱う金融機関のことを言いますが、一般的には信託銀行や銀行、証券会社が対応しています。

この役割としては有価証券の保管や管理だけではなく、元利金や配当金の受け渡し代行、運用資金の受渡し決済、運用実績管理、議決権行使、コーポレートアクションとしての報告まで広範囲な業務を行います。

そのため、取り扱う企業数にもよりますが、全ての業務を一人でこなすことは難しいため、担当制で業務を行っているところがほとんどです。

日本国内での主にこれらの業務を担っているのは、信託銀行や都市銀行が多く、海外では、グローバルカステディアンとしてステート・ストリート、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、JBモルガン・チェース、シティグループなどがあります。

ちなみにこれらの役割にも、自国の有価証券の保管・管理をするサブ的な役割と複数国の有価証券を取り扱うグローバル的な役割に分かれ両者が連携して業務を行っています。これらが必要な背景には、日本の投資家が外国有価証券を購入しても、その現物を日本に取り寄せて保管や管理をすることは難しいためです。

そこで、購入先国のCustodianと委託契約を結ぶことで購入したこれらの商品を保管・管理してもらう必要が出てきます。グローバル化により市場が24時間取引できる時代では、プロの投資家が国内外の有価証券に投資が活発化しているため、Custodianにその保管や管理を委託するのが一般的になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ