DDSが発行される方法とそれが利用されるメリット

DDSとは、債権者が既存の債権を別条件の債権に切り替えることを言います。一般的には、銀行などの金融機関が既存の貸出債権を、他の一般債権よりも返済順位が低い劣後ローンに切り替えることで利用しています。

劣後ローンは一般的に資本性が高いため金融庁が資本の一部として承認すれば、金融機関はそれに見合う貸出債権が目減りすることになるため、貸倒引当金を積み増す必要がありません。

また、劣後ローンに変更しておくことで、将来的に元本回収ができるだけではなく、一定の要件下で貸出債権を劣後ローンに変更すると、金融機関の自己査定の債務者区分等の判断では、これを資本とみなすことができるメリットがあります。

また、これは主に企業再生などを行う際に利用されています。比較的実行することが簡単なため、経営難に陥った中小企業などを再生させる場合には、良く利用されています。具体的には、対象企業が過剰債務状態にあることを解消するために、財務再構築を図ります。

そして再建を可能にするために、金融機関が合理的で実現性の高い再建計画を作成しました。そして、その企業が抱えている既存の貸出債権を劣後化させます。こうすることで、その企業の財務状態を実質的に改善させることができ、外部に対する信用力や再建可能性を高める仕組みになっています。

しかし、これは債権を株式に転換できるDESとは異なり、劣後ローンに切り替えても企業の借入金としては何の変わりもありません。しかし、一定期間だけ元本返済に猶予が与えられるため、企業としてはその間に資金繰りが改善できるメリットがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ