DESが利用される理由と金融機関のメリットとは

DESとは、債務と株式交換をすることを言います。これは、経営不振や過剰債務などで苦しむ企業の再建支援策の一環として利用されています。
一般的には、この債権を保有する金融機関が、貸出金の一部を現物出資することで株式を取得します。

こうすることで債務超過の状況を解消させるだけではなく、利払いや元本返済が必要な有利子負債を削減させるメリットがあります。具体的には、再建が必要な企業の債務と交換できる株式を発行することで、キャッシュアウトを最小限に押さえることができます。

これによって財務体質が改善できるだけではなく、経営者のモラルハザードを抑制して株式価値を向上させることができます。また、債権者にとっても株主として主導権を握り、意向を伝えることで経営革新を図る効果があります。

これを実行すると、金融機関等は融資した貸出金を回収できなくなりますが、将来的に再建できて企業価値が高まれば、株式から配当を受けることや、それを売却することで利益を得る可能性があります。

しかし、再建の可能性を検証しないで安易に利用すると、再建が必要な企業と金融機関の両者にとって問題の先送りだけになり、不幸な結果になることもあります。尚、この手続きは現物を出資する方法と現金を振替える方法に分類されます。

前者は、時価総額と券面額の二つの考え方があり、現在は債権の券面額を株式化することを債務者が選択するのが主流です。一方後者は、債権者がその債権を金銭に代えて出資してその価値相当分の株式を引受けますが、この場合には検査役の調査が必要となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ