MBSが投資商品として利用される人気の理由とアメリカでの信用力

MBSとは、モーゲージ証券やモーゲージバック証券と呼ばれるもので、住宅ローンなどの不動産担保融資の債権を担保にしたものを言います。この投資商品としてのメリットは、高い流動性と、S&Pやフィッチーといった格付会社からの高い格付けによる信用力があります。

また、高利回りであることも魅力となり世界中の投資家から人気がありました。モーゲージ証券の中には、RMBSと呼ばれる、住宅ローンを担保とした住宅ローン債権担保証券、CMBSと呼ばれる会社の建物や大型のショッピング店舗などの商業用不動産ローンを担保として発行される商業用不動産ローン担保証券があります。

これはまた、期限前償還のリスクがあるものの、同格付けの他の債券と比較しても、相対的に高い利回りを得ることができるため、ハイリスクハイリターン商品と言えます。
MBSを商品化するためには、住宅ローンの債権保有者である銀行がオリジネーターとして住宅ローンの貸出債権を、証券を発行する企業に売却します。

その企業はこれを元にして証券を発行します。その後、元利金支払いが保証されて、格付け会社による信用力を高めてから、投資家に販売するようになっていました。

また、アメリカではこの商品のほとんどが、アメリカ政府系機関であるジニーメイ、ファニーメイ、フレディマックにより発行されていましたため、米国債と並ぶほど高い信用力がありました。しかし2007年のサブプライムショックにより、この市場が崩壊したため、世界中の投資家が大損を被ることになりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ