RMBSの投資商品としての仕組みとそれが発行された背景

一般にマーゲージ証券(MBS)は不動産担保融資債権を担保として発行される証券のため、投資するには高い流動性と、格付け会社による高い信用力、高い利回りなどが魅力となっていました。RMBSとは、MBSの一種として複数の住宅ローン債権をまとめてパッケージ化して証券化された金融商品になります。

そして同時にローンを担保として発行される証券のことを指します。これは、住宅金融支援機構が発行する貸付債権担保住宅金融支援機構債券や、金融機関が発行する住宅ローン債権担保証券になります。

また、この証券を購入した投資家はローンの償還金や利子を受け取ることができます。一般的に、住宅ローンは長期固定金利という特性があるため、債務不履行、繰上げ償還などのリスクがあります。そこで、そのリスクを投資家に分散できるメリットがあるため、日本で拡大しました。

RMBSは、もともとアメリカで不動産投資の一環として、個人の住宅取得を政策的に支援するために開発され、世界中に拡大した商品になります。この仕組みは、住宅ローンから生じるキャッシュフローは、ファニーメイ、フレディマックといった連邦政府が保証をする信用力があり、証券化することで投資金融商品として開発されました。

そして、高利率であることもあり、投資家に広く購入されていました。しかし、2007年以降のサブプライムローン問題により、多くの人が不動産を失っただけではなく、この投資金融商品も多額の損失を投資家に与えました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ